ゆっくり走るアイキャッチ

乗馬でゆっくり走りたい時にすること

こんにちは、荘司です(・ω・)ノ

馬って人と同じで足が速い馬もいれば、遅い馬もいます。

こればっかりは乗ってみないとわかりません。

慣れていない馬ともなると速歩の時点で

速すぎるなと思うこともあるのではないでしょうか。

速すぎることで焦ってコントロールができなくなることもあります。

馬をコントロールできなければやりたいこともできません。

今回は、ゆっくり走りたい時にすることについてお話しします。

ゆっくりしている馬

速すぎる時にすること

馬の歩幅を狭くするように走らせてみて下さい。

これは手綱を緩めすぎると歩幅が広くなるので逆をする感覚です。

馬自身は早く走ると並足から速歩、駈歩と変わるだけなので

歩幅の調整ということで騎乗者がコントロールする必要があります。

遅くならなかった場合にすること

遅くならなかったことは馬にも理由がありますし

騎乗者にも原因があるのかもしれません。

様々な理由が考えられるので1つずつ考えていきたいと思います。

馬が焦っている場合

騎乗者の合図を理解できないぐらい馬が焦っている状態です。

この状態ではいくら合図しても聞いてもらえません。

この状態は突然起きるのではなくて

じわじわ積もってきて起こることなので

途中で手綱を伸ばすなどしてリラックスさせましょう。

手綱を引張りすぎている

歩幅を狭くするには結果的に手綱を手元に持ってくる必要があります。

馬としては引っ張られるのが強すぎると止まってしまいます。

止まることはアクションをした結果なので問題はないのですが

手綱の引張り度合いを馬の様子を見て調整しましょう。

最後に

速歩で速すぎると反動が強い馬ではコントロールが難しくなります。

なのでいつもはできていたものもできなくなってしまうので

自分がコントロールできるだけの速さを調整できるようになることが

乗馬が上達しやすくなる秘訣なのかもしれませんね。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました!

ゆっくり走るアイキャッチ
最新情報をチェックしよう!