地目

地目のはなし

こんにちは、荘司です(・ω・)ノ

農業をしていると土地に関わる話を聞くと思います。

土地によっては、してはいけないこともあります。

さらには税の価格も違います。

それを分けているのが地目になるのですが

今回は地目についてお話ししたいと思います。

地目とは

冒頭でも少し話しをした通り、地目とは土地を利用目的別に分けたものです。

不動産登記法によって決まっており登記記録に記載される情報です。

全部で23種類に分けることができます。

地目の確認方法は

確認は2種類の方法があり、法務局で申請する方法と

法務省の登記・供託オンライン申請システムで確認する方法があります。

地目によるトラブル

地目によるトラブルは思いのほか多いです。

例えば住宅を建てる場合は、宅地の地目に変更する必要がありますが

他の地目のまま、住宅を建てた場合はトラブルになります。

田んぼや畑などの地目の土地は、地域の農業委員会が把握しています。

よってむやみに、土地の目的以外の使い方をするのはやめましょう。

地目変更の方法

トラブルを避ける為には地目を変更する必要があります。

方法としては法務局に地目変更申請書を届け出ます。

基本的には本人が申請する必要がありますが

本人ができない場合などは土地家屋調査士に委任することも可能です。

地目変更のメリット

無用なトラブルを避ける為に地目を変更することもありますが

節税目的に地目を変更することもあります。

現在の地目が実態と違っているいて

税率が高く設定されてしまっている場合などです。

このような場合には地目を変更することは積極的に行いましょう。

農地変更は慎重に

相続によって農地を相続したはいいが変更したい場合があります。

その場合は地目の変更をする必要がありますが

農地は地域の農業委員会が把握していますので

農業委員会に相談してから、地目を変更することをオススメします。

最後に

地目というのは普段は目にしないものです。

私は父親が亡くなった時に、土地の相続で初めて知りました。

そこから土地を必要とする職業の方との話の中でも地目の話がでてきていました。

地目は普段表に出ない分、しがらみがあるのも事実ですので

慎重に行っていくことをオススメします。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました!

地目
最新情報をチェックしよう!

農業の最新記事8件