虫

畑にいる虫について

こんにちは、荘司です(・ω・)ノ

よく農作業をしているという話をしていると虫が嫌いなので

畑作業は難しいですっといった話をされることもあります。

実は私も虫は苦手でクモなんかは小さくても人一倍苦手だと自負できます。

ですが虫は色々いるの今回は畑にいる虫についてお話ししたいと思います。

ちょうちょ

どんな虫がいるのか?

農業をする人にとって利益のある虫を益虫といい

逆に有害な虫は害虫と呼ばれます。

先ほどクモを例に出しましたがクモに関しては益虫の分類に入ります。

私は最初は意外だなって驚いた経験がありますね。

益虫にはどんなのがいるのか?

クモは見た目はキモイし、毒を持つ個体もいるので害虫と思われがちですが

作物の成長を阻害する虫を捕食することによって作物の成長を促してくれます。

テントウムシもクモと同じようなことをしてくれている益虫です。

小さい害虫を食べてくれていて

見た目もキモくないことからとても良い虫のように思います。

ミミズは有名な益虫で知っている方も多いのではないでしょうか。

土の中で動いていて土を団粒構造にしてくれる虫ですね。

害虫にはどんなのがいるのか?

アブラムシなんかは害虫に入り、よく茎や葉っぱの裏側に沢山こべりついてる虫です。

この状態では作物は弱ってきてしまい枯れてしまいます。

ちょうちょは時には害虫になります。

正確にはちょうちょの幼虫である青虫で葉物野菜にとっては致命的な虫です。

葉っぱが甘いんでしょうけど葉を食べつくしてしまいます。

最後に

農業にとって虫とどう付き合っていくべきかは色々な意見があります。

殺虫剤で殺してしまうべきか自然のバランスに任せるかということです。

私は極力生物を殺したくない人なのでバランス派です。

しかし扱う土地によっては状況が違うと思うので

土地に合う方法を考えて見つけていければいいのかなと思ったりします。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました!

虫
最新情報をチェックしよう!

農業の最新記事8件